Zabbix Agent インストール : Red Hat Enterprise Linux

投稿者: | 6月 3, 2020
Pocket

本文章では、次のOS 環境のZabbix Agent インストール手順を説明しています。

  • RedHat Linux Enterprise

Firewall のポート開放

Zabbix サーバーが、Zabbix Agent にアクセスするために、Firewall の以下のポートを開放してします。

  • サーバーアドレス: ZabbixサーバーのIPアドレス
  • ポート番号: 10050/tcp

iptables でのポート開放

iptables を使用している場合には、以下のコマンドにより10050/tcp ポートを開放します。

Zabbix Agent リポジトリの追加

OS の準備ができたら、Zabbix インストール用のリポジトリを追加します。
以下のURL にアクセスします。

本文章では、Zabbix 4.0 LTS を使用します。

各項目では、以下の内容を選択します。
選択すると、インストールするリポジトリのURL と、実行するコマンドが表示されます。

Zabbixバージョン 4.0 LTS
OS ディストリビューション Red Hat Enterprise Linux
OS バージョン (インストールするOS のバージョン)
データベース/WEB SERVER エージェントには不要なので、初期選択のまま

Red Hat Enterprise 8 Zabbix-Agent インストール

本記事作成時点で、Red Hat Enterprise 8 のZabbix Agentインストール手順は、次の通りです。

Red Hat Enterprise 7 Zabbix-Agent インストール

本記事作成時点で、Red Hat Enterprise 7 のZabbix Agentインストール手順は、次の通りです。

Zabbix Agent 設定

Zabbix-Agent の設定を以下の通り実施します。

zabbix agent.conf 設定

/etc/zabbix/zabbix_agent.conf ファイルの値を次のように編集します。

「Hostname」で指定するホスト名は、Zabbixサーバーのホスト名と同じ文字列を設定します。
Hostnameが異なっている場合、リモートコマンドが正しく実行されません。

リモートコマンドの実行権の付与

Zabbixサーバーから、リモートコマンドが実行できるように、sodoerを以下のように編集します。

Zabbix Agent 有効化と起動

zabbix agent.conf の設定が完了したら、以下のコマンドを実行してZabbix Agent を有効にします。

Zabbix Agent の起動の確認

Zabbix Agent が起動したら、ログファイルで起動時にエラーが出ていないかを確認します。