VMware vSphare ESXi 6.0 管理対象オブジェクトブラウザ(MOB)有効化の設定

投稿者: | 10月 26, 2019
Pocket

VMware vSphare 6.0以降では起動時に VMware Automation APIなどで使用するMOB(管理対象オブジェクトブラウザ)が有効になっていません。
Automation APIを使用にするには、以下の手順で有効にする必要があります。

MOB の有効化または無効化を行うには、vSphere Client で ESXi ホストに直接接続し、次の手順を実行します。

  1. vSphere Client でインベントリから該当のホストを選択する。
  2. 右ペインで [構成] タブをクリックする。
  3. [ソフトウェア] 配下の [詳細設定] を選択する。
  4. [詳細設定] ダイアログの左ペインで [Config] > [HostAgent] > [plugins] > [solo] を選択する。
  5. 管理対象オブジェクトブラウザを有効化するには、[Config.HostAgent.plugins.solo.enableMob] にチェックを付ける。また、無効化するにはチェックを外す。

vSphere Web Client を使用して MOB の有効化または無効化を行うには、次の手順を実行します。

  1. vSphere Web Client で対象のホストに移動する。
  2. [管理] タブで [設定] をクリックする。
  3. [システム] 配下で [システムの詳細設定] を選択する。
  4. [Config.HostAgent.plugins.solo.enableMob] オプションを選択し、[編集] をクリックして管理対象オブジェクトブラウザを有効化または無効化する。